移動制限・三密回避の中でも現場作業を支え事業継続するには|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

移動制限・三密回避の中でも現場作業を支え事業継続するには

~世界トップシェアのミシンメーカーJUKI様の取り組みをご紹介~

ご案内

新型コロナウィルスの影響により、国内外への移動制限や三密回避の徹底が、当面継続することが予想されます。
そのような制限のなかで、製造業、建設業、社会インフラ関連などの業種では、さまざまな現場作業を含む事業の継続が課題になってきます。アフターサービスや国内・海外拠点での研修やサポートといった現場作業を支援するソリューションをご紹介します。
1つめのセッションでは、工業用・家庭用ミシンのトップシェアをもつJUKI様より、本ソリューションの導入の経緯やどのように活用しているかなど、率直なお話しを伺います。
2つめのセッションでは、ソリューション開発担当者より、製品の提供価値やユースケースについて、具体的にご紹介します。

セミナーお申込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

講演資料
ダウンロード

開催概要

日時

2020年9月25日 (金)15:00~15:40

場所

Web

定員

100人

日時

2020年9月25日 (金)15:00~15:40

場所

Web

定員

100人

主催

株式会社日立ソリューションズ

共催

JUKI株式会社

対象

情報システム部門、経営企画部門、保守・メンテナンス部門

費用

無料

セミナープログラム

15:00~
製造現場の「withコロナ時代」について語り合う
~JUKI株式会社様の取り組みとは~

JUKI株式会社様(以下JUKI)は、1938年創業以来「ものづくり」を社業の中心に、工業用・家庭用ミシン、産業装置の製造・販売を手掛けており、世界180か国でビジネスを展開しています。従来、海外の工場などで設備に不具合が起き、現地の保守員で対応できなくなると、日本の技術者が現地に赴き、原因調査や修理の対応をしていました。しかしながら、人手不足や技術者の高齢化が進む中、保守業務の効率向上が課題となっていました。さらに昨今のコロナ禍により製造業界全体が業務停止に追い込まれようとしている中、JUKIがなぜ「フィールド業務情報共有システム」を導入するに至ったのか、実際にユーザ様をお迎えし、生の声をお届けします。

JUKI株式会社
株式会社日立ソリューションズ 通信サービス本部 テレコムソリューション部 前田 真和
株式会社日立ソリューションズ 営業企画本部 営業戦略部 楢崎 裕美

15:20~
『フィールド業務情報共有システム(FIS)』ご紹介

スマートフォンやスマートグラスを活用し、保守作業の遠隔支援や作業ナビゲートなどを実現する『フィールド業務情報共有システム(FIS)』について、詳細をご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ 通信サービス本部 テレコムソリューション部 武藤 耕多

15:40 終了予定
  • ※都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
お申し込み

※定員に達した場合は、その時点でお申し込み締切りとさせていただきます。
開催日の2営業日前にて、お申し込みを締切らさせていただきます。

※同業他社のお客さまからのお申し込みは、お断りさせて頂く場合がございます。

セミナーお申し込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問などお問い合わせください。

担当部署:営業統括本部 デジタルソリューション第1営業部
担当:山本 倫央
Email:[email protected]   TEL:03-5780-0576 FAX:03-5780-7036
セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言