令和元年度税制改正のポイントと電子帳簿保存法の最新事情を解説|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

令和元年度税制改正のポイントと電子帳簿保存法の最新事情を解説

~企業のペーパーレス化・業務効率化に加え、内部統制強化を促進~

ご案内

企業が電子帳簿保存法を適用し帳簿データやその証跡となる書類を電子保管することにより、ペーパレス化によるコスト削減や業務効率化だけでなく、内部統制・コンプライアンスの強化につながります。
さらに、令和元年度の税制改正により電子保存にかかる運用条件や機能要件の解釈の見直しが行われ、今後電子帳簿保存法の適用を検討する企業はより一層増加していくことが予想されています。
本セミナーでは、基調講演として国税局OBの袖山氏に登壇いただき、本税制改正のポイントや電子帳簿保存法の最新情報をご紹介します。ぜひこの機会に検討をはじめませんか?

セミナーお申込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

講演資料
ダウンロード

開催概要

日時

2019年9月3日 (火) 14:00~17:00 (13:30 受付開始) 

場所

〒108-0075
東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー13階 ハーモニアス・コンピテンス・センター カンファレンスルーム

定員

50人

主催

株式会社日立ソリューションズ

対象

電子帳簿保存法対応をご検討中のお客様、情報システム部門、経理部門、財務部門、総務部門など

費用

無料

セミナープログラム

14:00~ ご挨拶
14:05~
令和元年度税制改正のポイントと電子帳簿保存法の最新動向
~電子帳簿保存法に対応するために企業がするべきことは?~

令和元年度の税制改正により、電子帳簿保存法対応に関しては承認申請書提出期限の特例や過去分重要書類の電子化の容認などの制度面の改正だけでなく、スキャナ保存に関する記載事項入力の期限が日数ベースから営業日ベースになるなど、ユーザの運用面の負荷も軽減されるようになります。
この税制改正のポイントと電子帳簿保存法の最新動向に加え、企業として具体的にどのような対応をすればよいか、詳しく解説します。

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造 氏

15:35~ 休憩
15:45~ 帳簿もスキャン文書も保管可能!
JIIMA認証を受けた電子帳票システムによる電子帳簿保存法対応の適用イメージ

電子帳簿保存法の対応を実際に自社業務にどのように適用すればよいか、さまざまな業務における適用イメージを、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の「電帳法スキャナ保存法的要件」に加え、あらたに「電子帳簿ソフト法的要件」の認証を受けた電子帳票システム「活文Report Manager」を交えてご紹介します。
JIIMA認証により電子帳簿保存法適用申請手続きの負荷がさらに軽減されるこの機会にぜひご検討ください。

株式会社日立ソリューションズ

16:30~ 質疑応答

電子帳簿保存法の対応で困っている、もしくは聞きたいことなどありましたら、セミナーお申し込みフォームの自由記入欄にご記入ください。セミナー内で可能な限り回答します。

17:00 終了予定
  • ※都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
お申し込み

※定員に達した場合は、その時点でお申し込み締切りとさせていただきます。
開催日の2営業日前にて、お申し込みを締切らさせていただきます。

※同業他社のお客さまからのお申し込みは、お断りさせて頂く場合がございます。

セミナーお申し込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問などお問い合わせください。

担当部署:流通・サービス営業本部 第5営業部 第1グループ
担当:森田有紀
Email:[email protected]  TEL:03-5780-0585
セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言