安全保障貿易管理で今求められる貿易コンプライアンスとは?|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

安全保障貿易管理で今求められる貿易コンプライアンスとは?

~米国の対中通商戦略とファーウェイ対応について~

ご案内

いま世界は米中貿易摩擦の行方と自社への影響について、先の見えない不安とリスクの中で対応を迫られています。ツイート1つで判断基準が変わるリスクにさらされる不安定な状況の中で、グローバルに事業を展開する企業においては、コンプライアンス経営にとって非常に厳しい環境にあります。したがって、厳格な安全保障貿易管理(輸出管理)は、ますます重要になってきています。
本セミナーでは、米国の通商政策に関する調査、情報提供を実施されているジェトロ海外調査部の赤平様をお招きし、最新の動向についてお話し頂くと共に、企業の今後の備えについてわかり易くご説明頂きます。

セミナーお申込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

講演資料
ダウンロード

開催概要

日時

2019年8月30日(金) 15:00~17:00 (14:30 受付開始)

場所

〒108-8250
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル 20F ホールC、D

定員

70人

主催

株式会社日立ソリューションズ

対象

輸出管理、法務、貿易管理、情報システム、営業

費用

無料

セミナープログラム

15:00~ 米国の対中通商政策における安全保障輸出管理への影響と今後の対応とは

2018年の米国国防授権法(NDAA)により輸出管理改革法(ECRA)並びに外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)が成立しました。これを受けて輸出管理行政の大幅な変更が見込まれています。また対中通商政策の一環としてファーウェイ関連企業のエンティティリストへの掲載などグローバル環境における輸出管理については今後の最新動向に留意しながら、今できる対策は何かを検討する必要があります。

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ) 海外調査部米州課  赤平 大寿氏

15:45~ 休憩
16:00~ 安全保障貿易管理の取り組み
~法令順守のための業務的な取組み~

日々膨大な作業と精度を要求される安全保障貿易管理業務。法令違反リスク軽減のための厳格な輸出管理と、業務のスピードアップの両立が必要不可欠です。本セッションでは、「該非判定」などの業務で肝となるポイントと、課題解決のためのシステムをデモンストレーションを交えご紹介いたします。

株式会社日立ソリューションズ クロスマーケット・サービス本部 主任研究員 庄谷 圭多

16:30~ 貿易実務の効率化とコンプライアンス強化の両立に向けて

揺れ動く国際情勢の変化に追従し、貿易実務の効率化とコンプライアンス強化の両立に向けて、何から取り組むべきか?どちらか一方に傾注するのではなく、両立するためのポイントとは何か?多くのお客様から頂くこうした声にお応えするための当社の取り組みについての概要とソリューションの全体像をご紹介いたします。

株式会社日立ソリューションズ クロスマーケット・サービス本部 グループマネージャ 鹿野 拓也

16:40~ 質疑応答
17:00 終了予定
  • ※都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
お申し込み

※定員に達した場合は、その時点でお申し込み締切りとさせていただきます。
開催日の2営業日前にて、お申し込みを締切らさせていただきます。

※同業他社のお客さまからのお申し込みは、お断りさせて頂く場合がございます。

セミナーお申し込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問などお問い合わせください。

担当部署:営業企画本部 営業戦略部
担当:中村、味岡
Email:[email protected]
セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言