いま改めて事例から学ぶ!「データ活用 」の可能性と乗り越えるべき壁

いま改めて事例から学ぶ!「データ活用 」の可能性と乗り越えるべき壁|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

Prowise Business Forum in KANSAI 第26回

いま改めて事例から学ぶ!「データ活用 」の可能性と乗り越えるべき壁

「Prowise Business Forum in KANSAI 第26回」が2019/07/04に、開催されました。
フォーラムは参加された皆様のご協力により、盛況のうち無事終了することができました。
多数のご参加、ありがとうございました。なお、フォーラム当日の講演資料はこちらからダウンロードできますのでご覧ください。

会計データ、顧客データ、人事データ‥企業活動をする中で、あらゆる種類のデータが日々飛び交っています。さらに、IoTの進歩により、機械・設備の稼働データ、車や人の動きなど、取得できるデータの種類はますます広がりを見せています。 意思決定や業務効率化のためのデータ活用が叫ばれて久しい中、いざデータ活用をしようとしたときに、そもそもデータを収集する手段がない、分析しようとしたが過去の蓄積データがない、など、壁にぶつかるケースも多いようです。
本フォーラムでは、スポーツ界でのデータ分析の事例、IoTの活用事例、さらにAIを用いたテキスト情報の活用事例まで、壁を乗り越えるためのヒントと、データ活用の可能性についてご紹介します。

セミナーお申込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

講演資料
ダウンロード

開催概要

日時

2019年7月4日(木)14:00~16:45(13:30受付開始)

場所

〒530-8310 大阪府大阪市北区芝田1-1-35 大阪新阪急ホテル 2階 花の間
 

定員

100人

主催(共催)

ウイングアーク1st株式会社、株式会社日立ソリューションズ

参加料

無料

セミナープログラム

14:00~

ご挨拶

14:05~

【基調講演】
ICTを活用したスポーツ情報戦略

一般社団法人日本スポーツアナリスト協会
代表理事 渡辺啓太氏

スポーツ界において、テクノロジーの変化により、今までとれなかったデータがとれるようになり、そのデータを、勝つための価値ある情報にするための役割をスポーツアナリストが担っています。
データを、収集・加工、分析し、役立つ情報として提供するという点では、通常のビジネスで経営者に意思決定のための情報を提供しているのと大きな違いはありません。本講演では、スポーツ界でのICT技術の活用とデータ分析の活用についてご紹介します。

講師プロフィール

「ITをスポーツに活用すること」を志して専修大学ネットワーク情報学部に入学し、体育会バレーボール部に所属しながら、独学でバレーボールのデータ分析を始め、在学中の2004年からバレーボール女子日本代表チームに抜擢される。2006年の大学卒業後より、公益財団法人日本バレーボール協会に所属し、アナリストを務める。世界で初めてiPadを用いた情報分析システムを考案・導入し2012年のロンドン五輪では28年ぶりとなる銅メダル獲得に貢献した。2014年には競技の枠組みを超えたスポーツアナリストの連携強化及び価値向上を目指して日本スポーツアナリスト協会を設立。主な著作に『データを武器にする』(ダイヤモンド社)『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』(東邦出版2012)などがある。

15:05~

休憩

15:15~

【ウイングアーク1stセッション】
データを価値あるものへ。
~IoTの効果的な活用が、人の意思決定と未来のアクションを変える!~

ウイングアーク1st株式会社
執行役員CTO 島澤甲氏

企業内にある膨大なデータ。それは企業において価値ある資産です。
本セッションでは、データを集め、活用・共有し、どのように行動につなげるかをウイングアークが実現してきた事例とともにデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

16:05~

【日立ソリューションズセッション】
自然言語処理AIを用いた活文によるデータ利活用事例紹介
~現場部門、品質保証部門などでのテキスト情報活用~

株式会社日立ソリューションズ
AI・デジタルソリューション部 グループマネージャ 今井孝洋

AIに期待する一方、具体的な業務適用に課題を持っていませんか? 技術伝承や業務のスピードアップをAIで実現したいというニーズが増えてきています。社内で大量に蓄積された業務資料を利用し、現在直面している課題を解決するヒントや熟練者のノウハウ活用などがAIに期待されています。本セッションでは自然言語処理AIを用いた「活文 知的情報マイニング」により、蓄積された業務文書からの価値ある情報の発見や、社内ヘルプデスクなどの問い合わせ対応業務の効率化、問い合わせの傾向把握や自動分類といった分析への活用事例をご紹介いたします。

16:45

終了予定

  • ※都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
お申し込み

※お申し込みは先着順となります。定員に達した時点で締切らせて頂きますので、ご了承ください。
お申し込み締切りは、各開催日の2営業日前までとさせて頂きますのでご了承願います。

※同業他社のお客さまからのお申し込みは、お断りさせて頂く場合がございます。

セミナーお申し込み

定員に達したため受付を終了いたしました。

本セミナーは終了いたしました。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問などお問い合わせください。

株式会社日立ソリューションズ Prowise Business Forum 事務局
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-6(日立ソリューションズタワーB)
E-mail : [email protected]

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言